デザイン制作会社キャット

客観的な文章作成|制作会社キャット|東京
社内報デザイン作成のヒントを掲載

ホームspace会社情報spaceデザイン制作space求人情報spaceお問い合わせ
space

社内報文章作成のネタ


 

 

客観的な視点で文章作成を考える

具体性やデータを掲載し印象を変える

会社に関わる人は、所属や役職などによって会社への思いや行動は違うと思われます。偏ったデータや情報のみで文章作成をすると限られた人や身近かな人にしか理解されないことになります。
文章作成の中に客観的な情報を明記し、文章の内容が必然的に掲載された工夫をする必要があります。文章を作成するうえで、社内報担当者の価値観を感じる表現は避けた方がより客観的な文章になります。例えば、部署の改善事例などを掲載する際に、「売上げが良くなった」に「昨年に比べ5%売上げが上がった」など比較対象を明記することで客観的な印象をあたえることができ、読者にも取り入れられやすくなるかと思われます。

 

デザイン実績をご覧ください

   

社内報デザイン作成の
ヒント

・文末表現を選別

・客観的な視点で文章作成

・季節を感じる社内報夏号の企画

・一体感を演出する社内報夏号の企画   

・写真を変えて伝わる新入社員紹介   

・印象に残る新入社員紹介!

・見出し本文のフォント選択方法!    

・社内報のフォント選択!

・社内報秋号の企画作成のヒント!

・テーマを設定した秋号の企画作成

・状況に応じた社内報の企画

・社内報の制作スケジュールの目安!

・社内報新年春号の企画作成

・読者視点の社内報デザイン作成を考える!

・社内報作成のコミュニケーション向上効果を考える!

・別冊社内報の発行タイミングを考える!

・社内報タイトル作成のヒント

・社内報新年号、企画案のヒント

デザインのヒント 

・見やすいフォントの選び方を考える

・伝わるわザインレイアウトを考える

space